FXの基礎知識

FXトレードとは

FXトレード(Foreign Exchange)というのは、日本語にすると外国為替証拠金取引のといわれるものです。現金で取りするわけでなく、元手のお金を「証拠金」としてFX業者に預けることで、その数倍の資金を用いるのと同様の金額で外貨を売買したり、金利を受け取ったりすることができ、それによる利益を得る事ができる投資の方法です。

FXトレードを行う場合、実際に取引する金額よりも、小さな資金で取引することができるため、効率的な取引が出来るといえます。
また、FXトレードのひとつの特徴として、外貨を買うことで始めるだけでなく、外貨を売ることから始めることもできます。外国為替とついていますが、外貨預金や外貨MMFなどの外貨を使った投資法とは、全く異なり、どちらかというと、株の信用取引と類似点があります。
FXトレードの利益の出し方は、為替変動による利益で、外貨を安く買って高く売る、または高く売って安く買うことで得られます。
買った外貨を、上昇したところで高く売り、売った外貨を、下落したところで安く売ることで、外貨預金では得られない大きな利益を得ることが出来ます。
最近はオンラインでの取引が主流になってきているので、どこでも気軽に始められるようになり、株と同様に、FXトレードも効果的な投資の方法として注目を浴びています。

FXトレードを取り扱う業者は一般的には証券会社ですが、FX を単独で取り扱う業者もあります。
FXトレードは、初心者にとって、株に比べて、投資する対象がある程度限られており、株よりもわかりやすいといえます。
FXトレードは比較的小額で始めることができ、その割に利益のチャンスが大きい、ということで、最近投資の初心者が、はじめることも多いのですが、その反面、予想以上に大きな損失を負うこともあるので、注意が必要です。

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ